ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「君の膵臓をたべたい」

f0114146_6591753.jpg




2017年19本目の鑑賞作品です。
公開日:2017年07月28日
公式サイト:http://kimisui.jp/
ストーリー:高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

原作: 住野よる
監督: 月川翔

キャスト
山内桜良: 浜辺美波
僕(学生時代): 北村匠海
恭子: 大友花恋
ガム君: 矢本悠馬
委員長: 桜田通
栗山: 森下大地
宮田一晴: 上地雄輔
恭子(現在): 北川景子
僕(現在): 小栗旬
f0114146_20451524.gif

原作未読。情報なしに劇場へ足を運んでみましたが、突っ込みどころ満載の難病純愛ストーリー。涙するものの、泣けて泣けて仕方がないという感じでもなく、想像していたような展開でもなく、あっけなくヒロインが病気とは違う理由で旅立ってしまうところに、おいてけぼり…。

それでも、出会いは偶然じゃない。運命でもない。お互いがこれまでの人生で選択してきた結果…等、随所にちりばめられている言葉(台詞)が、とても素晴らしいと感じた作品でした。本を読もう!


おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>

[PR]
by Firstsnows | 2017-08-01 07:28 | 映画レビュー2017
<< 映画レビュー「 東京喰種 トー... 映画レビュー「パトリオット・デイ」 >>