ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「パトリオット・デイ」

f0114146_2023796.jpg




2017年、18本目の鑑賞作品です。
公開日:2017年06月09日
公式サイト:http://www.patriotsday.jp/
ストーリー:2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

監督ピーター・バーグ

キャスト
トミー・サンダース: マーク・ウォールバーグ
リック・デローリエ: ケヴィン・ベーコン
エド・デイヴィス: ジョン・グッドマン
ジェフ・ピュジリーズ: J・K・シモンズ
キャロル・サンダース: ミシェル・モナハン
ジョハル・ツァルナエフ: アレックス・ウォルフ
タメルラン・ツァルナエフ: テモ・メリキゼ
ショーン・コリアー: ジェイク・ピッキング
ダン・マン: ジミー・O・ヤン
ジェシカ・ケンスキー: レイチェル・ブロズナハン
パトリック・ダウンズ: クリストファー・オシー
キャサリン・ラッセル: メリッサ・ブノワ
ビリー・エヴァンス: ジェームズ・コルビー
デヴァル・パトリック: マイケル・ビーチ
トーマス・メニーノ: ヴィンセント・カラトーラ 他
f0114146_20451524.gif

ボストンマラソン爆弾テロ事件は、TVのニュース番組で、その都度放送される情報しか断片的にしか知らなかったので、その真実を知り驚愕。犯人特定から逮捕まで丁寧に描かれており、2013年事件時のオバマ大統領の実際の映像を織り交ぜながら、2時間13分飽きる事なく鑑賞できました。個人的には大好きな俳優ケヴィン・ベーコンが、寡黙なリック・デローリエ特別捜査官を演じていたのも◎ ラストには被害にあわれた方達の実際のインタビュー映像が流れ、強く生きる姿に胸が熱くなりました。


おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>

[PR]
by Firstsnows | 2017-06-14 20:55 | 映画レビュー2017
<< 映画レビュー「君の膵臓をたべたい」 映画レビュー「22年目の告白−... >>