ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「素晴らしきかな、人生」

f0114146_6592389.jpg




2017年、9本目の鑑賞作品です。
公開日:2017年02月25日
公式サイト:http://subarashiki-movie.jp/
ストーリー:広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。やがて会社の業績も悪化し、社員たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も気が気ではない。そんな中、ハワードは舞台俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)との出会いによって、少しずつ変化していき……。

監督
デヴィッド・フランケル
キャスト
ハワード: ウィル・スミス
クレア: ケイト・ウィンスレット
エイミー: キーラ・ナイトレイ
ホイット: エドワード・ノートン
ブリジット: ヘレン・ミレン

f0114146_20451524.gif

人生のどん底、娘を亡くしたハワード(ウィル・スミス )が、支えてくれる仲間3人の計らいで、奇妙な3人に出会い、新たな第一歩を踏み出していくストーリー。豪華なキャストを集結し、クリスマスシーズンの美しい映像。ただし日本公開は2月25日であり、季節外れの感が否めないのがとても残念!作品を作るうえで『素晴らしき哉、人生!』を意識したと言う監督の思いもあって邦題には「素晴らしきかな、人生」が付いたようですが、劇中にも出てくる『 Collateral Beauty(幸せのオマケ)』の方が、個人的には良かったかなぁ、、、と。人生の中では、色々な壁にぶち当たる事がありますが、『Collateral Beauty(幸せのオマケ)』を感じて生きいこうと思います。



おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>

[PR]
by Firstsnows | 2017-03-09 09:39 | 映画レビュー2017
<< 映画レビュー「SING」 映画レビュー「彼らが本気で編む... >>