ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「マリアンヌ」

f0114146_8144868.jpg




2017年、7本目の鑑賞作品です。
公開日:2017年02月10日
公式サイト:http://marianne-movie.jp/
ストーリー:1942年、極秘諜報(ちょうほう)員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹(ひ)かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。

監督
ロバート・ゼメキス
キャスト
マックス: ブラッド・ピット
マリアンヌ: マリオン・コティヤール
リジー・キャプラン
マシュー・グード

f0114146_20451524.gif

スパイ映画のハラハラ感は無く、脚本に多少の突っ込みどころはありますが、それを帳消しにする、マリオン・コティヤールの美しさに終始ドキドキさせられました。また舞台になったカサブランカやロンドン、背景に描かれる映像がとても美しかったです。スパイサスペンス作品というより、ラブロマンス作品という印象ですが、ラストシーンはとても切く涙が出ました。


おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>

[PR]
by Firstsnows | 2017-02-28 09:15 | 映画レビュー2017
<< 映画レビュー「彼らが本気で編む... 映画レビュー「ラ・ラ・ランド」 >>