「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「沈黙 -サイレンス-」

f0114146_21321836.jpg




2017年、1本目の鑑賞作品です。
公開日:2016年01月21日
公式サイト:http://chinmoku.jp/
ストーリー:江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。

監督
マーティン・スコセッシ
キャスト
ロドリゴ: アンドリュー・ガーフィールド
フェレイラ: リーアム・ニーソン
ガルペ: アダム・ドライヴァー
キチジロー: 窪塚洋介
通辞: 浅野忠信
井上筑後守: イッセー尾形
モキチ: 塚本晋也
ハル: 小松菜奈
チョウキチ: 加瀬亮
イチゾウ: 笈田ヨシ ...他
f0114146_20451524.gif

終わってみれば2時間42分、長さは感じませんでしたが、ストリーは重く重くのしかかってくる。宗教弾圧、人間描写を実に見事にスコセッシ監督が描いている。中国人を日本人に見立てたキャスティングが多い中で、日本人役者を起用しているところも嬉しかったです。

宣教師の心の内、信仰の揺らぎ、葛藤を静かに描き、ロドリゴが最後に取った行動には胸を打たれます。人間の弱さを赦すこと=新の強さなのかもしれない。時にキチジローを腹立たしく思いますが、ある意味誰よりも人間臭さを感じました。

おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>

[PR]
by Firstsnows | 2017-01-24 23:35 | 映画レビュー2017
<< 映画レビュー「ザ・コンサルタント」 映画レビュー「海賊とよばれた男 」 >>