ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「湯を沸かすほどの熱い愛」

f0114146_1875860.jpg





instagram ⇒ https://instagram.com/felicesue/
Facebookpage⇒ https://www.facebook.com/soup.soup


       

2016年、19本目の鑑賞作品です。
公開日:2016年10月29日
公式サイト:http://atsui-ai.com/

監督: 中野量太

キャスト:
幸野双葉: 宮沢りえ
幸野安澄: 杉咲花
片瀬鮎子: 伊東蒼
酒巻君江: 篠原ゆき子
滝本: 駿河太郎
滝本真由: 遥
宮田留美: 松原菜野花
担任: 江藤修平
麻生: 三浦景虎
田中壮太郎
向田都子: リリィ
向井拓海: 松坂桃李
幸野一浩: オダギリジョー
・・・他

ストーリー:1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

f0114146_20451524.gif

余命わずかと診断された双葉(宮沢りえ)が、失踪した夫(オダギリジョー)を探し、家に戻って欲しいと頼む。しかもキャバ嬢に押し付けられた幼い子供が付いてくる。娘安澄(杉咲花 )は学校でいじめにあっている。母として示す道しるべ。ムスメを持つ母親として、涙なくして見られませんでした。

双葉が人生の幕を閉じるまで、なすべきことをこれでもか!というくらいエピソード満載で描かれていて、これに涙を誘います。特に娘役の杉咲花 ちゃんの演技が光ります。NHKの朝ドラで年齢のいった女性を演じていましたが、学生役の方がしっくりくる。

正直ラストの意味がよくわからず、というか「それはないよね?」という気持ちで、後味が悪い作品になってしまいましたが、それぞれのキャラクターがしっかり描かれて、それを演じていた役者さんがイイ味をだしていたと思います。


おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>




* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。



[PR]
by Firstsnows | 2016-11-23 23:09 | 映画レビュー2016
<< 映画レビュー「続・深夜食堂」 映画レビュー「ブリジット・ジョ... >>