ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「ハドソン川の奇跡」

f0114146_20494050.jpg





instagram ⇒ https://instagram.com/felicesue/
Facebookpage⇒ https://www.facebook.com/soup.soup


       

2016年、16本目の鑑賞作品です。
公開日:2016年09月24日
公式サイト:

監督: クリント・イーストウッド

キャスト
チェスリー・“サリー”・サレンバーガー: トム・ハンクス
ジェフ・スカイルズ: アーロン・エッカート
ローリー・サレンバーガー: ローラ・リニー

ストーリー:2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。

f0114146_20451524.gif


2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故の実話。

ただそこに描かれているのは、私達が報道で知っている裏側にあった事実。英雄のはずの機長の判断は正しかったのか否か?事故調査委員会の追及に挑むサレンバーガー機長(トム・ハンクス)の葛藤を クリント・イーストウッド が実に見事に焦点を当てて描いている。

コンピューターによるシュミレーションは正しいかもしれない。ただ、どんな機械も最後は人の手に委ねられているということ。あっという間の1時間36分、またしても、トムハンクスの演技に魅了され、クリント・イーストウッド監督に脱帽です。個人的には、副機長のアーロン・エッカートが最高だったと付け加えておきましょう!

そしてエンドロールには、機長他、乗客や機長の妻も登場、最後まで席を立たぬように・・・


おすすめ度:★★★★☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>




* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。



[PR]
by Firstsnows | 2016-09-26 21:39 | 映画レビュー2016
<< 映画レビュー「怒り」 映画レビュー「聲の形」 >>