ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「聲の形」

f0114146_18305038.jpg





instagram ⇒ https://instagram.com/felicesue/
Facebookpage⇒ https://www.facebook.com/soup.soup


       

2016年、15本目の鑑賞作品です。
公開日:2016年09月17日
公式サイト:http://koenokatachi-movie.com/

監督: 山田尚子

キャスト
石田将也: 入野自由
西宮硝子: 早見沙織
西宮結絃: 悠木碧
永束友宏: 小野賢章
植野直花: 金子有希
佐原みよこ: 石川由依
川井みき: 潘めぐみ
真柴智: 豊永利行
石田将也(小学生): 松岡茉優

ストーリー:西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし……。

f0114146_20451524.gif


原作未読です。そもそも観る予定なく、オットに連れられて行ったと言うのが正直なところです。が、、、心にぐっとくるものがありました。

相手に伝えるって、難しいですね。それが子供時代だとなおさらでしょう。それでも主人公は自分がいじめの対象になった瞬間、硝子をいじめた事の後悔や反省で5年間の時間を費やし、成長していく。高校生になったあの子たちが20歳になった時、どういうふうに気持ちが変化するのか、その後が知りたいとおもいました。

「君の名は。」と比較されてしまいそうですが、観る人によって様々な感想があって当然。「君の名は。」は映像とアフレコ、音楽が一体となって素晴らしい作品でしたが、こちらは色々考えさせられる作品でした。

ちょっと余談ですが、いつも行くスタバには「今週の手話」のペラ1のチラシが置いてあるのですが、そこからでもいいから、ちょっと勉強してみようかなという気持ちが湧きました。


おすすめ度:★★★★☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>




* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。



[PR]
by Firstsnows | 2016-09-26 20:11 | 映画レビュー2016
<< 映画レビュー「ハドソン川の奇跡」 「日本橋 お多幸本店」 >>