ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「僕だけがいない街」

f0114146_9414719.jpg





instagram ⇒ https://instagram.com/felicesue/
Facebookpage⇒ https://www.facebook.com/soup.soup


       

2016年、7本目の鑑賞作品です。
公開日:2016年03月19日
公式サイト:http://bokumachi-movie.com/

監督: 平川雄一朗

キャスト:藤沼悟: 藤原竜也
片桐愛梨: 有村架純
藤沼佐知子: 石田ゆり子
八代学: 及川光博
雛月加代: 鈴木梨央
藤沼悟(幼少期): 中川翼
澤田真: 杉本哲太
白鳥潤: 林遣都
小林賢也: 福士誠治

ストーリー:パッとしない漫画家でフリーターの藤沼悟(藤原竜也)は、事件や事故を看破するまで時間がループする現象・再上映(リバイバル)が起きるようになる。何度もリバイバルを経験する中、母が何者かに殺害され彼は突如18年前に戻る。小学生のころに起きた児童連続誘拐殺人事件と母の死の関連に気付いた悟は、過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていく。

f0114146_20451524.gif

殺された母親をすくう為、現在と過去を行き来しながら、過去に起きた未解決事件の真相に迫っていくストーリー。原作、未読。 アニメ 視聴中。

原作ありの実写化には色々無理あると思うし、それでなくても2時間枠で納めなければならないとなるとなおさら。ここは原作と比べてはもったいない。少々荒削りにはなってしまっていますが、なかなか面白いです。

特に雛月加代を演じる 鈴木梨央ちゃんと、藤沼悟(幼少期)を演じる中川翼 くんは、ドラマ「わたしを離さないで」の幼少期も演じていて、コンビネーションもバッチリだし、なによりもその演技力は、この作品の重要なキーポイントになっていることは確かです。というより、まさにこの作品はこの二人が織りなす幼少期時代のドラマにあると思います。

登場人物の少なさもあり、最初から真犯人がわかってしまう残念さは否めないのは仕方ないにしても、残念なのはラストシーンで、最初に犯人とされた白鳥潤を演じた林遣都 くんも歳をとり白髪、雛月加代も大人になって子供もいる等、時間の流れをしっかり把握できるのに、悟の母を演じた石田ゆり子さんだけが、変わらずのまま。おかしくないですか?日本の女優さんは、ふけ役も出来ない、しない、とても残念です。

ラストに「僕だけがいない街」という意味がわかり、切なくなりました。


おすすめ度:★★★☆☆
<個人の気まま勝手な評価なのであしからず>




* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。



[PR]
by Firstsnows | 2016-03-23 11:00 | 映画レビュー2016
<< 映画レビュー「あやしい彼女」 スキレットdeアツアツ「ビビンバ」 >>