ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー「バケモノの子」

f0114146_1384814.jpg




2015年、27本目の鑑賞作品です。
公開日:2015年07月11日
監督・脚本・原作: 細田守
キャスト:(声の出演) 役所広司 宮崎あおい 染谷将太 広瀬すず 山路和弘 宮野真守 山口勝平 長塚圭史 麻生久美子 黒木華 諸星すみれ 大野百花 津川雅彦 リリー・フランキー 大泉洋
公式サイト:http://www.bakemono-no-ko.jp/

ストーリー:人間界「渋谷」とバケモノ界「渋天街」は、交わることのない二つの世界。ある日、渋谷にいた少年が渋天街のバケモノ・熊徹に出会う。少年は強くなるために渋天街で熊徹の弟子となり、熊徹は少年を九太と命名。ある日、成長して渋谷へ戻った九太は、高校生の楓から新しい世界や価値観を吸収し、生きるべき世界を模索するように。そんな中、両世界を巻き込む事件が起こり……。

f0114146_20451524.gif


家族3人で観る映画の中に、細田守監督作品は外せないという暗黙のルールが我が家にあって、これも忙しい中家族3人のスケジュールを合わせて観に行った作品。

ストーリー的には感動で涙があふれたりもしましたが、当初からムスメさんが「染谷君の滑舌悪すぎ・・・」と聞いていたので、それが気になって仕方ありませんでした。俳優としての演技付なら満点を揚げるところでしょうが、これはアニメの世界、声で勝負となると、染谷君まだまだ勉強が足りぬぞ!と思います。

それでも画的にもストーリー的にも満足できる作品で、渋谷と渋天街のどこかにきっと、2つの世界をつなぐ扉があるって信じてみたいですね。

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。




日々の食卓を彩る料理と食べ歩き情報綴っています。
Facebookページ⇒ https://www.facebook.com/soup.soup


[PR]
by Firstsnows | 2015-08-03 13:23 | 映画レビュー2015
<< 映画レビュー「HERO」 映画レビュー「ターミネーター:... >>