ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『天才スピヴェット』

f0114146_8462858.jpg




2014年、52本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に授けられるベアード賞受賞を知らせる電話が。授賞式に出席するため、彼はたった1人で家のあるモンタナからワシントンへ旅立つことに。さまざまな出来事や人々と出会いながら、カウボーイの父親、昆虫博士の母親、アイドルを目指している姉、事故によってこの世を去った弟へ思いをはせるスピヴェット。やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。

監督: ジャン=ピエール・ジュネ
キャスト:カイル・キャトレット ヘレナ・ボナム=カーター ジュディ・デイヴィス カラム・キース・レニー ニーアム・ウィルソン ジェイコブ・デイヴィーズ リック・マーサー ドミニク・ピノン
公開日:2014年11月15日
公式サイト:http://spivet.gaga.ne.jp/


【感想】( ネタバレ要注意!)

アメリカ モンタナ州の牧場で暮らすT・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。10歳にして天才科学者として賞を受賞する。スミソニアン学術協会からベアード賞受賞の電話を受け、ひとり家出をして大陸横断、スピーチの舞台へ向かい、道中色々な人と会ううちに大切なことを学んでいきます。数々の危険を乗り越え、大冒険を通じてT.S.の胸に宿るのは大好きな家族でした。

原作は『T・S・スピヴェット君 傑作集』
勿論、未読。(失礼)
「アメリ」の世界観がお好きな方に。

3D作品ではありますが、私は3Dが苦手なので2D鑑賞。
でも、観るのであれば是非3Dでご覧あれ。


評価 :70点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★☆☆☆☆
なみだ度 : ★☆☆☆☆
お勧め度 : ★★☆☆☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       



[PR]
by Firstsnows | 2014-11-17 08:48 | 映画レビュー2014
<< レシピ掲載 【Yahooトップ... 映画レビュー『 デビルズ・ノット』 >>