ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『フルスロットル』

f0114146_20204451.jpg




2014年、32本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
マフィアたちがはびこる無法地帯となっているデトロイトの一角。そこに潜り込み、マフィアの動向を探る潜入捜査官ダミアン(ポール・ウォーカー)は、彼らがデトロイト市民300万人をターゲットに中性子爆弾を起動させようとしている情報をつかむ。彼は、マフィアにさらわれた恋人を取り戻そうとする圧倒的身体能力を持つ男リノ(ダヴィッド・ベル)と協力し、10時間後に迫る中性子爆弾の起動を阻止することに。敵が次々と立ちはだかる中で爆弾と恋人を捜す二人だが、事態の裏には巨大な陰謀がうごめいていた。


監督: カミーユ・ドゥラマーレ
キャスト:ポール・ウォーカー ダヴィッド・ベル RZA
公開日:2014年09月06日
公式サイト:http://0-g.asmik-ace.co.jp/


【感想】( ネタバレ要注意!)

ポール・ウォーカーの最期の主演作。
こういう作品は、劇場ではなく、ほとんどDVDにお世話になっているワタシですが、今回ばかりは彼の最期の作品という事で、劇場へ足を運びました。エンドロールに「ポール・ウォーカーの思い出に捧ぐ」のテロップが入った瞬間、もう彼の作品は見られないんだなぁ・・・・と悲しくなりました。

作品はリュック・ベッソン製作・脚本、2004年のフランス作品「アルティメット」の英語版リメイク。リノ役のダヴィッド・ベルは続投です。CGなしのダヴィッド・ベルのアクションは、見どころのひとつ。

1時間31分、息つく暇もないノンストップアクションムービーで、テンポも良くあきる事がない。女性向きではない作品だけど、同じリュック・ベッソン作品なら「ルーシー」よりも見応えあり?かも。


評価 :75点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ☆☆☆☆☆
なみだ度 : ☆☆☆☆☆
お勧め度 : ★★☆☆☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       



[PR]
by Firstsnows | 2014-09-12 21:11 | 映画レビュー2014
<< 書籍発売のお知らせ「テーブルフ... 映画レビュー『イン・ザ・ヒーロー』 >>