ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『スタンリーのお弁当箱』

f0114146_207731.jpg




2014年、22本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
いつも周囲を笑わせているクラスの人気者スタンリー(パルソー)は、家庭の事情によりお弁当が用意されることはなかった。昼食の間は一人で過ごし、水道水で空腹を満たしている彼を見かねたクラスメートたちは、自分のお弁当を少しずつ分けていた。しかし、その様子を見た先生の言葉に傷ついたスタンリーは、学校に行かなくなってしまい……。


監督: アモール・グプテ
キャスト:パルソー デイヴィヤ・ダッタ ラジェンドラナート・ズーチー
公開日:2013年06月29日
公式サイト:http://stanley-cinema.com/


【感想】( ネタバレ要注意!)

インド映画ありがちな、歌や踊りなどが出てこないハートフルドラマ。実際、BGMで歌が流れたり、主人公のスタンリーが躍ったりするシーンが出てきますが、あくまでも演出の一環。

家庭の事情でお弁当を持ってこれないスタンリーの事情を知ったクラスメートたちが、自分のお弁当を分けてあげるのですが、インドでは昨今栄養失調が深刻化していて、また子供たちが労働の担い手の貧困層に、給食を提供している学校が多いと言う現実の中、お弁当持参というのは、この作品の中に登場する学校は比較的裕福な子供たちなのかもしれない。

ただスタンリーは父親が他都市に仕事で行っていて、母親も同行しているというのが、お弁当を持ってこれない事情だと言うのだが、終盤本当の事情がわかる。両親が事故死して、叔父さんの店でこき使われ、まさしく労働の担い手となっている現状に胸が熱くなる。

横暴な教師、叔父さんに腹が立つこともありましたが、叔父さんの店で働く調理人や他の教師たち、そして何より、子どもたちの友情、無邪気な笑顔に癒やされた時間でした。

作品を彩る、美味しそうなインドのお弁当の数々も注目ですよ。


評価 :75点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ☆☆☆☆☆
なみだ度 : ★★☆☆☆
お勧め度 : ★★★☆☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       



[PR]
by Firstsnows | 2014-08-18 20:08 | 映画レビュー2014
<< 映画レビュー『めぐり逢わせのお弁当』 映画レビュー『 きっと、うまくいく』 >>