ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『幕末高校生』

f0114146_1085181.jpg




2014年、18本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
1868年、幕末期の江戸。迫り来る新政府軍と幕府軍の戦闘を避けたいとする勝海舟(玉木宏)は、新政府軍参謀・西郷隆盛(佐藤浩市)に和平交渉の使者を送る。その返事が来ないことに気をもむ中、彼は幕府が捕らえた未来からやって来たと言い張る女教師・未香子(石原さとみ)と教え子・雅也の面倒を見ることに。一方の未香子は自分たちと一緒に江戸時代へとタイムスリップしたほかの教え子を捜して未来に帰ろうとするが、目の当たりにしている出来事が史実と違うことに大きな不安を抱く。


監督: 李闘士男
キャスト:玉木宏 石原さとみ 柄本時生 川口春奈 千葉雄大
谷村美月 吉田羊 渡辺邦斗 柄本明 隆大介 山崎銀之丞
伊武雅刀 石橋蓮司 佐藤浩市
公開日:2014年07月26日
公式サイト:http://www.bakumatsu-kokosei.jp/


【感想】( ネタバレ要注意!)

ストーリーは、高校教師(歴史)の未香子(石原さとみ)と教え子達3人が、スマホのアプリから、タイムスリップをしてしまい、幕末の江戸で、強い信念はあれど威厳がなく臆病な勝海舟(玉木宏)に遭遇するというストーリー。

現在放送されているドラマ「信長のシェフ」や
大好きだった「JIN-仁」のようなタイムスリップものとは違い、
現代の技術や知識を活かすこともなく、
タイムスリップする必要性も感じないストーリー展開に
いささか面白味にかける気がします。


それでも、最後の未香子(石原さとみ)の台詞にもあるように
これは146年前の遠い昔の話ではなく、その時代に生きた人達が
未来の子孫の為、日本の為、より良い国を作ろうとしたこと
私達は忘れずにいなければ!というメッセージだけは受け取りました。


ともあれ軽いノリで観られる、夏休みコメディ作品でした。
なんで題名が「幕末高校生」?とか(女教師と勝海舟の話だろう!)
突っ込みどころ満載ですが、これはこれでヨシとします。
言ったらきりがないので(汗)


ところで、、、
ラストシーン、明治時代にタイムスリップしかけてましたが・・・
続編アリですか?(笑)


評価 :65点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★☆☆☆☆
なみだ度 : ☆☆☆☆☆
お勧め度 : ☆☆☆☆☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       



[PR]
by Firstsnows | 2014-07-31 10:12 | 映画レビュー2014
<< 映画レビュー『るろうに剣心 京... 映画レビュー『GODZILLA... >>