ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

f0114146_10385297.png




2013年、12本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
探偵(大泉洋)がよく行くショーパブの従業員で、友達でもあるオカマのマサコちゃんが殺害される。捜査が進まない中、「マサコちゃんは政界の闇に触れて殺された」といううわさを耳にした探偵のもとに、彼を尾行してきた女から事件究明の依頼が舞い込む。友達の死の真相を探るため、探偵と相棒の高田(松田龍平)は、再び札幌ススキノを駆け巡る。

監督:橋本一
キャスト:大泉洋 松田龍平
公開日:2013年05月11日
公式サイト:http://www.tantei-bar.com/


【感想】( ネタバレ要注意!)

探偵(大泉洋)の友人オカマのマサコちゃん(ゴリ)が殺される。
探偵は相棒の高田(松田龍平)と死の真相を探り始めると
自分のファンだったマサコちゃんのために犯人を捕まえると
人気バイオリニストの弓子(尾野真千子)が現れる。


前作と比べると、少し間延びした感じが否めない。
途中2度ほど落ちそうになった。(^_^;)

それでも洋ちゃん演じる探偵「俺」と、松田龍平演じる「高田」のコンビ
この二人の掛け合いは相変わらず面白い。

ススキノを舞台に大倉山ジャンプ台のシーンも
路面電車から落されそうになったり、アクションシーンも満載で
中山峠や室蘭のロケも北海道好きにはやっぱりたまらない。
これはやはり北海道の大(?)スター大泉洋の為の作品だと思う。

個人的には松田龍平演じる「高田」がたまらなく好きだ。
あのしらっとした雰囲気と無敵の強さが女心をくすぐる。(笑)
この映画を観ると食べたくなる北菓楼の「北海道開拓おかき」今回はホタテ味だったな~

ここまで来たら次回作3も期待してます!
というか、当然作りますよね?
高田号の行く末も気になりますしね。(笑)


評価 :70点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★★★☆☆
なみだ度 : ☆☆☆☆☆
お勧め度 : ★★★☆☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       



[PR]
by Firstsnows | 2013-05-23 10:41 | 映画レビュー2013
<< 映画レビュー『県庁おもてなし課』 北海道土産 「onちゃん タイ... >>