ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『図書館戦争』

f0114146_150792.jpg




2013年、11本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、憧れの図書隊員になる。担当教官・堂上篤(岡田准一)の厳しい指導を受け、女性で初めて図書特殊部隊に配属された郁。そんなある日、図書隊とメディア良化委員会の対決が避けられない出来事が起きる。


監督:佐藤信介
キャスト:岡田准一 榮倉奈々 田中圭 福士蒼汰 西田尚美 橋本じゅん 鈴木一真 相島一之 嶋田久作 児玉清 栗山千明 石坂浩二
公開日:2013年04月27日
公式サイト:http://www.toshokan-sensou-movie.com/


【感想】( ネタバレ要注意!)

面白かったです!

“アクション”と“ラブロマンス”という相反する要素を
上手く融合した見応えのある作品に仕上がっていました。

不覚にも笠原郁(榮倉奈々)の一途な想いにほろっとさせられました。
ラストシーンの頭ナデナデは女子には胸キュン♪でしょ♡

岡田君はSPでもキレのあるアクションはご存知の通りですが
武術のインストラクター資格を保有しているだけあり見応えあり!
単なるジャニタレ映画じゃないですよ。
そろそろ岡田君を単なるジャニタレ扱いは止めて
ひとりの俳優として見てあげましょう。

ただね、ず~っと気になるんですよ。
岡田君と榮倉奈々ちゃんの身長差。(笑)
台詞の中でも「性格悪くて、おまけにチビ」と言っていたけど
実際のところはどうなんだろう?←余計な心配
確かに岡田君小さいけど
背が高かったらこの役は回ってこなかっただろうと・・・(汗)

私にも岡田准一扮する堂上教官が王子様に見える!
そのくらいはまり役でした。

個人的には撮影のロケ使われた図書館の数々がとても興味深く、本好きには是非訪れてみたいと思もわせるものばかりでした。

ともあれ、GWにふさわしい娯楽映画である事には間違いなし。
原作もまだまだあるので、是非続編を!

追記
作家の有川さんは稲葉というキャラクターを
故・児玉清さんをイメージて執筆されたそう。
児玉さんも書籍に関わるお仕事を長年されていて
かなりの読書好きとお聞きしています。
劇中で児玉さんは写真で登場するのですが
最後のエンドロールでも、故・児玉清ではなく
児玉清とお名前が流れたことに
故人への想いが感じられました。



評価 :80点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★★☆☆☆
なみだ度 : ★★☆☆☆
お勧め度 : ★★★★☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       



[PR]
by Firstsnows | 2013-04-27 17:22 | 映画レビュー2013
<< Soup Stock Toky... 映画レビュー『藁の楯』 >>