ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『遺体 明日への十日間』

f0114146_6315790.png




2013年、3本目の鑑賞作品です。

【あらすじ】
東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が多かったことから、遺体安置所でボランティアとして働くことになる。一人一人の遺体に優しく話し掛ける相葉の姿を見て、膨大な遺体に当初は戸惑っていた市職員たちも、一人でも多く遺族のもとに帰してあげたいと奮闘し続ける。

監督:君塚良一
キャスト:西田敏行 緒形直人 勝地涼 國村隼 酒井若菜 佐藤浩市
佐野史郎 沢村一樹 志田未来 筒井道隆 柳葉敏郎
公開日:2013年02月23日
公式サイト:http://reunion-movie.jp/

【感想】( ネタバレ要注意!)

あれからもうすぐ2年。
最近、大きな地震が多い。

あの日を想い出すと胸がドキドキする。
地鳴りがするあの音。
地震を知らせる町の警報。
震度6弱でこのトラウマ。
被災された方々はいかばかりか・・・

この作品は地震後から10日間を描いています。
遺体安置所の仕事を任された役所の人間、遺体捜索にあたる人。
遺体を検案する医師、歯科医師。
以前葬儀社に勤め、今は民生員をしている相葉さん(西田敏行)が
お役にたてればとボランティアを買って出ます。

運ばれてくるご遺体の中には知り合いもいる。
依然行方不明の友人の安否が気になり、自分に与えられた仕事が手につかない若い役所の男性。幼い子供の遺体を前に、自分が生き残ってしまったとことに苦悩する役所の女性。

そんな中、遺体を死体ではなく、ご遺体と言って話しかける相葉さんを通し少しずつ現実を受け止め、自分がすべきことを全うしていく人々の姿に、胸が熱くなりました。


つい先日、被災地出身のご近所さんが帰省した時
被災地はまだまだ復興なんてしていない
あのボランティアも何処に?というくらい激減し
今ではすっかり忘れられた存在と涙を流していた。

自分も含めてだけれど
少し薄れて行く気持ちを、もう一度思い起こす為にも
この作品を是非多くの人に観てほしいと思います。

勿論、作品は作品。
実際はこんなものではなかっただろうし
役者さんの演技がどうだとか、思うことはあるだろうけど
そんなことは抜きにして、こういう現実があったこと
もう一度しっかり受け止めなければと強く感じました。


評価 :75点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ☆☆☆☆☆
なみだ度 : ★★★★☆
お勧め度 : ★★★★☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       
Twitterつぶやいてます。
https://twitter.com/#!/felicesue



[PR]
by Firstsnows | 2013-03-02 06:18 | 映画レビュー2013
<< 映画レビュー『フライト』 お知らせ「CAMERAND 横... >>