ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『悪の教典』

f0114146_17442157.jpg




2012年、25本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。



監督:三池崇史
キャスト:伊藤英明 二階堂ふみ 染谷将太 林遣都 浅香航大
水野絵梨奈 山田孝之 平岳大 吹越満
公開日:2012年11月10日
公式サイト:http://akunokyouten.com/


【感想】( ネタバレ要注意!)

Magnificent!!作品にではなく、「海猿」のイメージを脱しての演技を見せた伊藤英明に。

原作は未読で、普通の生活を送る理性ある犯人ハスミンが何故大量殺戮に手を染めるはめになったのか…何故サイコキラーとなったのか・・・そこが一番気になるところだったのですが、そのあたりは映画公開に先駆け、『悪の教典-序章-』BeeTVとdマーケット VIDEOストアにて配信されたらしい。

これからの映画の見せ方は、本編とは別に動画やTVドラマでの配信という手法に変わっていくのでしょうか。ともあれ主人公の蓮実聖司は感情移入や同情ができるキャラクターではない事だけは確か。

そして作品としてはラストまで飽きないけれども、観終わった後は何も残らず。生徒や教師のひとりひとりの描写や設定があっさりしていて(不必要なのかもしれないけれど)、次々と犠牲になっても「ふ~ん」という程度の感情移入ゼロ状態で、誰が誰なのかも正直よくつかめぬまま。

一番印象に残ったのは、伊藤英明の肉体美。(笑) ←そこかい!
韓流スターの裸体を見せられても、な~んにも感じないけど(笑)
伊藤英明はセクシーだわぁ。

それとちょっと余談ですが、男性美術教師と不適切な関係を持ってしまう男子生徒役の林遣都くん。現在放送中のつまらないドラマの研修医役なんかより、ず~っとイイ演技でした。Excellent!

この作品、原作は終わっているようだけど、映画は続きがある?
ハスミンは釈放されちゃう?生き残った2人は?
んん・・・・伊藤英明主演なら、観に行くと思う。 ←やっぱり、そこかい!

評価 :65点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ☆☆☆☆☆
なみだ度 : ☆☆☆☆☆
お勧め度 : ☆☆☆☆☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       
Twitterつぶやいてます。
https://twitter.com/#!/felicesue



[PR]
by Firstsnows | 2012-11-10 17:47 | 映画レビュー2012
<< 今日の女子高生弁当*11/12... 今日の女子高生弁当*11/9「... >>