ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『BRAVE HEARTS 海猿』

f0114146_1618229.jpg




2012年、17本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
最高レベルのレスキュー能力を誇る海上保安官特殊救難隊のメンバーとなった仙崎(伊藤英明)と吉岡(佐藤隆太)。そんなある日、ジャンボジェット機のエンジンが爆発し、機体が東京湾へ海上着水する事故が発生する。乗員乗客の中には吉岡の恋人、美香(仲里依紗)もいた。沈没までのタイムリミットはわずか20分という状況で、仙崎たちにさらなるピンチが襲い掛かる。



監督:羽住英一郎
キャスト:伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 仲里依紗 三浦翔平
平山浩行 伊原剛志 時任三郎
公開日:2012年07月13日
公式サイト:http://www.umizaru.jp/

【感想】( ネタバレ要注意!)

前作「THE LAST MESSAGE 海猿」から2年。あの仙崎大輔が特殊救難隊員になって帰ってきました!特殊救難隊といえば、TVシリーズで殉職した池沢(仲村トオル)を想い出す人も多いはず。あの位置に仙崎大輔がいるのだと思うと胸が熱くなります。

バディ吉岡(佐藤隆太 )も特殊救難隊員というから嬉しい。何せ前作「THE LAST MESSAGE 海猿」では、ほぼ出番の無い吉岡だったので余計です。しかも今回は結婚を考える恋人 美香(仲里依紗)までいる。

こんな枠組みを見てもわかるように、今回の「海猿」は仙崎の家族や吉岡の恋愛模様などが盛り込まれていて、「海猿」ファンとしては、ちょっとほっこり出来るシーンが多々あり嬉しくなります。


ストーリーはジャンボ旅客機がエンジントラブルを起こし、東京湾へ海上着水することになります。機体が沈んでしまうまでのタイムリミットは20分。この間に乗客・乗員を救い出すため、海保は勿論、消防・警察・自衛隊・医療機関、そして一般の人々も一丸となってこの困難に立ち向かいます。

震災後に感じた人と人の絆を今一度感じた瞬間でした。

乗客も乗員も全員助かるのだろうということは、想像は容易く、恋人美香を助け出した後に、機体と共に沈んでしまった吉岡を仙崎が迎えに行くのだろうということも想定内。そして今回意見の相違でぶつかる嶋(伊原剛志)とも、最後には心通じる事も、吉岡のプロポーズを断った美香のバツイチという背景も、あっさり見抜けてしまう。それほど、この「海猿」のストーリーはベタ、ベタ過ぎる。けど、毎回 胸を熱くさせられるのです。

ストーリーの流れとしては、「LIMIT OF LOVE 海猿」に近い。
でも確実に違うのは、そこには成長した仙崎がいるということ。
最後のエンドロールを観ても、やっぱり年月を重ねたんだな~と。(笑)

初日公開日が平日でありながら、ほぼシネコンは満席。この作品のファンの多さ、期待度がわかります。次回作?ありますよね?また成長した仙崎に会いたい。吉岡と美香のその後も、大輔の2番目の子が男の子か女の子かも気になるので(笑)是非! ←そこかい!

今日のひと言
仙崎家に飾ってあった「うみまる&う~みん」の海保マスコットが欲しい♡

評価 :85点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★★☆☆☆
なみだ度 : ★★★☆☆
お勧め度 : ★★★★☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       
Twitterつぶやいてます。
https://twitter.com/#!/felicesue



[PR]
by Firstsnows | 2012-07-13 16:20 | 映画レビュー2012
<< 映画レビュー『ヘルタースケルター』 映画レビュー『臨場 劇場版』 >>