ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー『宇宙兄弟』

f0114146_8432968.jpg




2012年、10本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され意気消沈していた。互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。



監督:森義隆
キャスト:小栗旬 岡田将生 麻生久美子 濱田岳 新井浩文 井上芳雄 塩見三省 堤真一
公開日:2012年05月05日
公式サイト:http://www.spacebrothers-movie.com/

【感想】( ネタバレ要注意!)
原作、アニメ好き、岡田君大好きで観た作品ですが、すっかり小栗旬演じるムッタに魅せられましたよ。以前にも話したけれど、昨今の映画・ドラマ、どれも原作ありの作品がほとんどで、どうしても原作に忠実でなければ面白くないという風潮になりがちですが、原作は原作、作品は作品として評価したいものです。


さて、ストーリーは2025年を舞台に、幼い頃に「二人で宇宙飛行士になる」という約束を交わした兄弟が、実際に宇宙飛行士を目指すというお話・・・諦めずに挑戦すれば夢は叶うのだと教えてくれるこの作品が、5月5日の子供の日に公開になった事も子供たちに大きなプレゼントになったはずだ。

現在日曜の朝に公開中のアニメ「宇宙兄弟」を観ていても胸が熱くなるのですが、この「宇宙兄弟」は、単に宇宙への夢を追った兄弟の物語ではなく、ムッタとヒビトの兄弟愛・絆が一緒に盛り込まれているのがポイントです。

実際この作品も監督が一番描きたかったのが、ムッタとヒビトが小さい頃にUFOを見て、宇宙飛行士になると約束し、その約束がどうなったかの結末だそう。盛りだくさんに詰め込みすぎず、ポイントを押さえてのストーリーの組み立てを見ると、後半の少し駆け足は仕方無いと…納得。

特にロケット打ち上げのシーンの映像と音響は素晴らしかった。これはDVDでは体感できないので、是非シネコンに足を運んでほしいと思うくらいです。ロケットには、様々な人々の想いも一緒に飛んでいくんだなぁ・・・と。そしてこの作品にはバズ・オルドリン飛行士も出演しています。ムッタとの絡みに「ムッタよ!何故気が付かぬ?」と突っ込みを入れたくなりましたが。(笑)なかなかニクイ演出でした。

公開日の昨日、5月5日は月が地球にもっとも接近する「スーパームーン」の日でした。皆さんもご覧になりましたか?私もひとり寂しく(笑)空を見上げ、長い時間月を見入ってしまいました、神秘的で素敵な時間でした。さ!次は金環日食ですね! 今から楽しみです。ということで、映画帰りに日食グラス買いました。勿論、「宇宙兄弟」です。
f0114146_10464582.jpg



評価 :85点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★★★★☆
なみだ度 : ★★★★☆
お勧め度 : ★★★★☆

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       
Twitter時々つぶやいてます。
https://twitter.com/#!/felicesue



[PR]
by Firstsnows | 2012-05-06 11:00 | 映画レビュー2012
<< グリーンスムージーはじめました。 【お知らせ】女子カメラvol2... >>