ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画レビュー 『ロボジー』

f0114146_14225475.jpg




2012年、1本目の鑑賞作品です。

【あらすじ】
弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らしの頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛され……。



監督: 矢口史靖
キャスト:五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉
田畑智子 和久井映見 小野武彦
公開日:2012年01月14日
公式サイト:http://www.robo-g.jp/


【感想】 ( ネタバレ要注意!)

2012年最初の鑑賞作品「ロボジー」
ロボットのお披露目1週間前に、ふとしたはずみでロボットを壊してしまい、切羽詰まった開発に携わる小林(濱田岳) 太田(川合正悟) 長井(川島潤哉)の3人は、なんとかその場をしのごうと、背格好の近い老人鈴木重光(五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス))をロボットの中に入れてしまうという、コメディストーリー。いや、ハートフルコメディ映画と言うべきでしょうか。

二足歩行ロボット「ニュー潮風」に入った鈴木さん。
仕事をリタイア、娘家族からは少々煙たがれる存在。
シニア世代の集会の演劇会でも脇役とパッとしない老後。
そんな鈴木さんが「ニュー潮風」に入ることで脚光を浴び
多くの人が彼(ニュー潮風)を必要としてくれる。
この鈴木さんをミッキー・カーチスさんが実にいい具合に演じてます。

ばれそうでばれない。(笑)
そのたびにうまく切り抜けていくストーリー過程が楽しい。

ところがある日「ニュー潮風」に人間が入っているという疑惑(?)が持ち上がり、その真相究明に乗り出すのが「ニュー潮風」に危機を救ってもらい、彼の大ファンである女子大生の佐々木葉子(吉高由里子)

苦手な吉高由里子・・・
コメディのせいなのか、見慣れたせいなのか、あまり気にならず、ホッ。


「ニュー潮風」の録画テープを見ていた時に、頭部から1本髪の毛がはみ出しているのを発見し、なんとか真実を暴こうと、決定的瞬間を写真に収めようと奮闘する葉子ですが、また事故に合いそうになり、それを「ニュー潮風」に鈴木さんに助けてもらったことで、心を動かされていくのです。

こうして「ニュー潮風」は人間が入っているというマスコミの疑惑から、最後の最後で助けてくれたのも、鈴木さんでした。一番助けられたのは木村電器のダメダメな社員3人組なんですがね。(笑)

人の役にたったことや、自分の存在意味を「ニュー潮風」になる事で感じることができ、老人会の演劇会で脇役を演じる鈴木さんは、どこか晴々と自信に満ち溢れていました。

時は流れ、女子大生の佐々木葉子(吉高由里子)は木村電器に入社。
あの3人組と一緒に新しいロボットの開発に従事していました。
が!ある日、新しいロボットもお披露目前に壊れると言うハプニング!
勿論、この4人が足を運んだのは、まぎれもなく鈴木さん宅・・・

「パート2」を匂わすエンディングですが、これで終わりにしましょう。(笑)

なかなかストーリー展開の良い面白い脚本で「ステキな金縛り」以来、久しぶりにシネコンがクスクスと笑いに包まれた作品でした。

進化した二足歩行のロボットをTVのニュースで見るたびに
「小さなおじさんがはいっていたりして。」と冗談を言う我が家の夫。
案外あのASIMO君も、鈴木さんが入っているかも?(笑)←んなバカな!

評価 :75点  <個人の気まま勝手な評価なのであしからず。>
わらい度 : ★★★★☆
なみだ度 : ☆☆☆☆☆
お勧め度 : ★★★☆☆


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       


[PR]
by Firstsnows | 2012-01-15 09:31 | 映画レビュー2012
<< 映画レビュー『マイウェイ 12... カメラとお散歩*東京スカイツリー >>