ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『コンテイジョン』

f0114146_2003835.jpg




2011年、48本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張後にシカゴで元恋人と密会していたが、せきと熱の症状が出始める。同じころ香港、ロンドン、東京で似たような症状で亡くなる人が続出。フリージャーナリストのアラン(ジュード・ロウ)は、伝染病ではないかと考え始め……。- シネマトゥデイ



監督: スティーヴン・ソダーバーグ
キャスト:マリオン・コティヤール マット・デイモン ローレンス・フィッシュバーン ジュード・ロウ グウィネス・パルトロー ケイト・ウィンスレット
公開日:2011年11月12日
公式サイト:http://www.contagion.jp/


【感想】( ネタバレ要注意!)

ウィルスパニック映画といえば、すぐに思い出すのが「アウトブレイク」
最近では日本映画の「感染列島」が記憶に新しい。
この作品も得体のしれないウィルスに感染し、広まり、ワクチンを作るまでが描かれていますが、前2作と違うものがあるとすれば、それは現代社会においてのネット情報の氾濫かもしれません。

グウィネス・パルトロー演じるベスは、香港出張後にシカゴの元カレと凄し帰途の途中で、発熱や咳に襲われていました。同じころ、香港、東京、ロンドンでも同じような症状で倒れ死ぬ人が出ます。帰宅したベスも症状が悪化し死んでしまうのですが、なんと息子にも同じ症状があらわれ、瞬く間に死んでしまいます。

ストーリーは、「2Day 」から始まります。
何故「1Day」から始まらないのか?という疑問は、この「1Day」にこそウィルス感染の鍵が隠されているからとすぐにわかります。
そしてこの「1Day」は、この作品の一番最後で描かれています。


ストーリーとしては、第一号の感染者がいて(この作品ではベス)、彼女に接触した人、彼女が触れたものに触れた人・・・と言うように、ウィルスがあっという間に世界中に拡大していくというウィルス系のパニック映画です。

でもこの作品を観て私が怖かったのは、ウィルス拡大による恐怖よりも、人々が群がるスーパーマーケットだったり、薬品店での暴動だったり、何かを盗むために銃で人を殺したりという心理的な恐怖でした。

そしてウィルス感染の拡大による恐怖と同時に、この作品が描きたかったであろう、ネット社会での情報拡大こそ、本当の恐怖なのかもしれません。

この作品では、ジュード・ロウ扮するフリージャーナリストのアランが自分のブログで、レンギョウが特効薬だというデマをながし、それが結局は人々を大きなパニックへと陥れてしまいます。

ネット上でありとあらゆる情報が流れ、それに惑わされたり、恐怖を感じたりというのは、私達もこの震災で感じていたこと。Twitterであっという間に拡散されていくRTの数々に、今思えばどれだけの真実があったのでしょう?それでも実際またその時になれば、同じことを繰り返してしまうのが人間の心理なのかもしれません。


豪華キャストによる作品でしたが、地味な作品と言う感想は否めませんでした。でも作品を観ている途中で前の席の人がゴホゴホ咳をするだけで、ぞっとしたり、帰宅途中で乗り物のつり革やバーに触るのがちょっと怖かったり。帰宅して一目散に洗面所へ駈け込んでうがいしたり、手を洗ったり。映画効果は大きかったかもしれません。


映画鑑賞評価 70点 

* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。


       


[PR]
by Firstsnows | 2011-11-16 21:41 | 映画レビュー2011
<< staub Cooking N... 石焼チゲうどん >>