ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『Little DJ~小さな恋の物語』

f0114146_22275870.jpg




2007年、26本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
ある日学校で倒れ、鼻血が止まらなくなり、海辺の病院に入院することになった太郎(神木隆之介)は、入院生活に飽きてきた頃、毎日お昼に聞こえる音楽に興味を持ち始める。やがてお昼の院内放送のDJを行うようになった太郎は、病院を優しい空気で包んでいく。ある日、太郎は交通事故で全身包帯に覆われた「ミイラ」ことたまき(福田麻由子)と出会う。やがて太郎とたまきの小さな恋は少しずつ動きだす。

監督: 永田琴
キャスト: 神木隆之介 福田麻由子 広末涼子 佐藤重幸 村川絵梨 松重豊 光石研 小林克也 西田尚美 石黒賢 原田芳雄 賀来賢人
公開日:2007年12月15日
公式サイト: http://www.little-dj.com/


【感想】( ネタバレ要注意!)
邦画版「小さな恋のメロディ」という感じの作品です。
神木隆之介くんのまだまだ少年のような可愛らしさといったら!それに比べ福田麻由子ちゃんの美しさを見ると、やっぱり女の子の方が大人びているのね~と思いながら、観賞していました。

美しい函館を舞台に、白血病の病と闘いながら、院内放送のDJをすることで、自分のするべき事を見出していく姿と、彼を取り巻く人々との関わりがうまく描かれていたと思います。お金がなくて、こっそり夜逃げしてしまう捨次に、「好きなら好きと伝えろ」と励まされるシーンも、誰とも口を利かなかったおばあさんが、こっそり太郎に手紙を送るシーンも、結城が息子に宛てる初めてのリクエストのシーンも胸が熱くなりました。

DJで流れる選曲がいいのです。「シュガーベイブ」「クイーン」「チューリップ」 どれも自分の青春時代の曲で、一緒に歌えてしまうところに、より感情移入がしやすかったです。

そして太郎が亡くなる直前に書いたリクエストはがきが、大人になったたまきの手によりラジオから流れるラストシーンはほんわり温かな気持ちになれました。「年下の男の子」歌ったなぁ・・・私も。(笑)

ちょっぴり切なくて、誰しもが経験した初恋のあわい気持ちを思い出す、本当に心地よい映画でした。


映画鑑賞評価 80点 

*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2007-12-15 22:27 | 映画レビュー2007
<< 映画『カンナさん大成功です!』 映画『マリと子犬の物語』 >>