ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『ウルルの森の物語』

f0114146_21533962.jpg




2010年、1本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
母・夏子(桜井幸子)の入院をきっかけに北海道で暮らすことになった昴(桑代貴明)としずく(北村沙羅)の兄妹は、獣医の父・大慈(船越英一郎)との生活に戸惑っていた。昴としずくは美しい大自然や大慈の妹(深田恭子)と触れ合う日々の中で、オオカミに似た子犬に出会い、ウルルと名付けて飼うことを許してもらう。北海道の自然を背景に、幼い兄妹がオオカミの赤ちゃんと出会い、成長を遂げていくストーリー。


監督: 長沼誠
キャスト:船越英一郎 ・深田恭子 ・濱口優 ・桑代貴明 ・北村沙羅 ・光石研 ・桜井幸子 ・大滝秀治
公開:2009年12月19日
公式サイト:http://www.ululu-movie.jp/index.html


【感想】( ネタバレ要注意!)
ウルフと言えない、しずくちゃんが「ウルル」と言った事から命名されるオオカミの赤ちゃん。ひょんなことから、このウルルが本当にオオカミでは?という話になりサンプルと化してしまうウルルを、お母さんのもとへ返してあげようといつか見たオオカミの民話の地図を頼りに、ホロケシ(オオカミの住む森)に行くのですがこのあたりから、このストーリーの盛り上がり。民話の中の地図の、ひとつひとつに辿り着き、最後はホロケシにいるウルルのお母さんまで辿り着く。ファンタジーの世界です。

野生の動物は、一度人間から餌をもらうと、人間の世界へやってきて田畑を荒らしたり、人間に危害を加えたり、うまく共存できなくなる。そのため、子供たちが心を鬼にして、ウルルにビードロを投げつけるシーンは、もう号泣でした。

それにしても、ウルルを売り物にしようとした深キョン(爆笑)、最後に写真を焼いてもデーター残ってるでしょう?と、突っ込みいれたくなります。(爆笑)まあ、突っ込みどころは多いのですが、大きな自然と可愛い動物達とファンタジーの世界を堪能させていただきました。

この映画でお母さんを演じた、桜井幸子さんが引退と言うことで、ちょっと残念。



映画鑑賞評価 70点 

*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2010-01-01 21:48 | 映画レビュー2010
<< 映画『今度は愛妻家』 映画『ジュリー&ジュリア』 >>