ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『今度は愛妻家』

f0114146_2140960.jpg




2010年、2本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに微妙な変化が訪れる。

監督 :行定勲
キャスト:豊川悦司 ・ 薬師丸ひろ子 ・水川あさみ ・濱田岳 ・城田優 ・井川遥 ・石橋蓮司
公開:2010年1月16日
公式サイト:http://www.kondoha-aisaika.com/


【感想】( ネタバレ要注意!)
あらすじもほとんど知らず、まったくの先入観なしで観た映画。ある程度、ストーリーが進んだところで、自分なりの展開を描いてみたのですがまったくそれとは違ったものでした。薬師丸ひろ子も、トヨエツも、大好きってほどの俳優さんではないのだけどこの映画は、ふたりとも良かったです。

映画のもつ雰囲気も好みです。ラストにかけては、私も周りの人もすすり泣きが止まらずでした。この映画、ある種のファンタジー作品でもあります。

映画を通して、いつもそこにいる人への「おもいやり」だとかいつもそこにいる人への「感謝の気持ち」だとかを、映画を通して気づかせてくれます。これは忘れちゃいけないですね、夫婦は特に。そして愛する人にこそ、気持ちは言葉で伝えなきゃいけないと感じました。




映画鑑賞評価 90点 

*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2010-01-16 21:39 | 映画レビュー2010
<< 映画『サヨナライツカ』 映画『ウルルの森の物語』 >>