ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『ダーリンは外国人』

f0114146_20514141.jpg




2010年、10本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
漫画家を夢見るイラストレーター・さおり(井上真央)と、“漢字”の美しさに一目惚れして来日したアメリカ人・トニー(ジョナサン・シェア)。
二人は仕事を通じて出逢い、やがて交際、一緒に暮らし始めるが、2人は日本とアメリカの文化の違いを実感し、やがて心はすれ違い始める・・・小栗左多里の大人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」の映画化作品。


監督:宇恵和昭
キャスト:井上真央、ジョナサン・シェア、国仲涼子、戸田菜穂、國村隼、大竹しのぶ
公開日:2010年4月10日
公式サイト:http://www.darling-movie.com/index.html


【感想】( ネタバレ要注意!)
語学オタクのトニーさんの素朴な疑問、笑えました。
「ブン殴る」はなんで「ブン」なのか?とか。(笑)
外国人が単純に疑問に感じる言葉の数々、実はワタシタチ日本人も
普通に使っているけど、「なぜ?」なんて聞かれて、答えられない事はいっぱいです。

さおりは英語4点しか取れない大の英語苦手な女子。
客観的に観ると、トニーさんは日本に馴染もうと頑張っているのに
さおりは、父親に自分達を認められるために、自分の夢のために、必死になっているようにしか思えず、この辺が、すれ違っていく要因だよ~と、心の中でアドバイス。(笑)

國村隼演さんじるお父さんも本当に良かった。どこのお父さんだって、最初から手放しで、娘の恋人を受け入れなんてしないですよ。(笑)
能天気だなと思っていたお母さん、大竹しのぶさんも、お父さんが亡くなった後のさおりへの言葉が、じんわりするものがあり、イイ感じでした。

舞台に使われていたさおりとトニーの家も可愛かったなぁ。
トニーさんが使っていた、洗濯マークの紙が揺れる物干しも情緒満点。
何よりも、ふたりが使用していた、ミルクティー用の白いカップが印象的でした。

国際結婚って難しい?と思いがちですが
いえいえ、結婚すると言うことは、相手が外国人であれ、日本人であれ
他人が一緒になるということに変わりは無くて、国籍なんて問題ではないんですよね。

この作品では、文化の違いや、心のすれ違いを、うまく描きながら
二人の絆が確かなものへと変わっていく様を
コミカルに、時にはうるっと、最後はハッピーで
爽やかな気持ちでエンディングを迎えることが出来ました。

単純にストーリーを楽しむには最高の映画。


映画鑑賞評価 75点 

*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2010-04-10 20:51 | 映画レビュー2010
<< 映画『アリスインワンダーランド』 映画『シャッターアイランド』 >>