ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『幸せのレシピ』

f0114146_12104336.jpg




2007年、22本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
マンハッタンのレストラン“ブリーカー22"で料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は威圧的な態度になっており、オーナーのポーラ(パトリシア・クラークソン)に言われてセラピーに通っている。ある日、姉が交通事故で亡くなったため、しばらく休暇を取り、孤児となった姪ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取る。
ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のリメイク版。



監督:スコット・ヒックス
キャスト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、ボブ・バラバン、パトリシア・クラークソン
公開日:2007年9月29日
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/noreservations/


【感想】( ネタバレ要注意!)
ドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイク作品。「マーサの幸せのレシピ」を観てから、映画館へ足を運んでしまったのは不味かった。オリジナルが良かっただけに、どうしてもかすんで見える。ただ、ハリウッド映画のもつ明るさは、この映画にはあると思う。


映画鑑賞評価 70 点 


*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2007-09-29 23:07 | 映画レビュー2007
<< 映画『転々』 映画『めがね』 >>