ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『ハナミズキ』

f0114146_173824.jpg




2010年、30本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】

幼いころ父を亡くし、北海道で母と暮らす平沢紗枝(新垣結衣)と、水産高校に通いながら家業の漁師の跡を継ぐと決めている木内康平(生田斗真)は、ひょんなことから出会い交際を始める。英語を使う仕事を夢見て、紗枝は東京の早稲田大学を受験し合格する。東京へ上京した紗枝と康平は遠距離恋愛をはじめるが、次第に二人はすれ違っていく。そんな時、紗枝の前には同じ夢を持つ大学の先輩、北見(向井理)と出会う。



監督: 土井裕泰
キャスト:新垣結衣 、生田斗真 、向井理 、蓮佛美沙子
ARATA 、木村祐一 、松重豊 、薬師丸ひろ子 、徳永えり
公開日:2010年8月21日
公式サイト:http://www.hanamizuki-movie.com/index.html



【感想】( ネタバレ要注意!)
北海道の田舎町で出会ったふたりが、女の子は東京、男の子は地元に残る。いつしか女の子は都会の色に染まり、男の子はそれが少し寂しくもあり、徐々に距離を感じていく。とにかくベタな遠距離恋愛ストーリーです。

大学の先輩の北見が出てきた時点でも、戦場などに写真を撮りに行くという設定に、「ああ、最後は亡くなるんだ」って先が読めてしまうし、すべてストーリーが読めてしまいます。

唯一読めなかったのは、最後はみんなの恋が成就すること。(爆笑)まあ、「好きな人と100年続きますように」という映画のコンセプト通り、みんな初恋が実って・・ということでしょうけど、ちょっと無理を感じましたね。ここまでしなくてもというのが正直な感想。「なして~?」と、思わず北海道弁で突込みいれたくなりました。(笑)

個人的には、ジャニタレの中では斗真君の演技が一番好きなので、今回の役柄も北海道の漁師役、北海道弁もとっても良かったと思う。 それに、青春時代の淡い恋、純愛、いつまでも思い続ける気持ち等、かつて誰もが通った道を、私もちょっと思い出して胸がジ~ンとしました。

高校生から社会人になるまでという10年という期間のストーリーですが、ガッキーも斗真君も、まだまだ制服姿イケてました。(笑) 北海道の釧路、東京、ニューヨーク、カナダと舞台になる風景も美しくて素敵な映像でした。周りで固める俳優陣も良かったです。ストーリー的には65点の採点ですが、大好きな北海道が舞台ということで、プラス5点の70点と言うことで。(笑)


映画鑑賞評価 70点 


*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2010-08-21 23:00 | 映画レビュー2010
<< 映画 『東京島』 映画『キャッツ&ドッグス 地球... >>