ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『SP 革命編』

f0114146_1530679.jpg




2011年、11本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
官房長官を狙ったテロから2か月。警視庁のSPである井上(岡田准一)は上司の尾形(堤真一)への不信感を募らせながらも、尾形の指令で国会での警備を担当することになる。そして麻田雄三(山本圭)内閣の不信任案の採決が行われようというそのとき、国会議事堂で銃声が鳴り響き……。<シネマトゥデイ>




監督:波多野貴文
キャスト:岡田准一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑
山本圭、堤真一
公開日:2011年03月12日
公式サイト:http://sp-movie.com/index.html

【感想】(ネタバレ要注意!)

期待を裏切らない作品でした。
TVのSPスペシャルドラマを観て予習、「革命前日」の放送で鑑賞者の気持ちを盛り上げる。この辺の見せ方が実に上手い。いろんな意味で。(笑)

とにかく面白かった。ストーリーの安定感とスピード、テンポの良さ、どれをとっても申し分なしです。しかも「野望編」じゃ、ほとんど出番なしの堤さんも、今回はバッチリ。(笑)

岡田君もSP同士の戦いに注目してほしいと言っていましたが、見ごたえありました。まさに全員叩きのめした後の「SPって強いっすね」の言葉に同感と爆笑。

でも、まさかまさかの展開にびっくり。緒方(堤真一)と伊達(香川照之)は兄弟ってことでしょうか?

尾形は逮捕されましたが、尾形が井上に残した手紙の内容が明らかになっていないままだし(いったい何を書いていたんだろう?とっても気になる。)、拘置所の看守が緒方に言った『もう少しの辛抱ですからね・・・』の意味深なセリフに、思わず「おおおおお!」と心の中で唸る。そして6か月間何も感じなかった井上に、再びあの頭痛が!これは絶対続編あり!とみました。ファンとしては、まだまだ続きが観たいと思います。作ってください。(笑)



映画鑑賞評価 85点

今日の一言:岡田君もいいけど、堤さんのSPに守られたい。



いつも応援ありがとう


       


[PR]
by Firstsnows | 2011-03-27 15:54 | 映画レビュー2011
<< 31 Wonderful EA... 我が家の自家製きゅうりのキューちゃん >>