ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』

f0114146_16131687.jpg




2011年、9本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】(ネタバレ要注意!)
ペべンシー兄妹は大嫌いな従兄のユースチスの家に預けられるが、壁に掛かった帆船ドーン・トレダー号の絵の中に吸い込まれ、再びナルニアの国へ。兄妹は、親友のカスピアン王子(ベン・バーンズ)とネズミ戦士のリープチープと再会を果たし、ナルニアの東の果てへと再び冒険の旅に出ることになるが、行く手にはさまざまな困難が待ち受けていた。<シネマトゥデイ>




監督: マイケル・アプテッド
キャスト: ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィル・ポールター、ベン・バーンズ、リーアム・ニーソン、ティルダ・スウィントン、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル
公開日:2011年02月25日
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/narnia3/


【感想】 (ネタバレ要注意!)
原作の大ファンで、第一章からずっと楽しみにしてきた作品。

この「ナルニア国物語」は全部で7章。すべてにおいて、繋がりがある為、1章、2章を見ていない人には不可解な映画という事になり、当然予想される今後の4章~7章へと繋げるためにも、やはり1章からの鑑賞が必要という事になります。

個人的には第1章のインパクト、感動がとても大きく、2章、3章と回を重ねるたびに、少しトーンダウンしているというのが本音ではありますが、それでもファンタジーアドベンチャーらしく、勇気と友情を織り交ぜながらの展開は、とても見応えがあります。シリーズ初の3Dという事で、かなり悩んで3Dをチョイスしましたが、2Dでも良かったかなぁ。決して3Dの出来が悪いという事ではなくて、全体的にモノトーンのシーンが多いので、どうしても3D眼鏡をかけると、暗くなりがち。せっかくのスケールの大きさが半減してしまうような気がしました。

1章は2006年、2章は2008年、ルーシーもエドマンドも5年もたてば大きくなるはず。すっかり大人びた2人でした。原作を読んでいるので知っているものの、ルーシーとエドマンドの冒険も今回で終わり。前作ですでに卒業してしまったスーザン、ピーター同様(今回は少し登場しましたが)、もう会えないと思うと、この4兄弟がとっても好きだったので本当に寂しい。それに加え、大好きだったキャラクターのリーピチープもアスランの国へと旅立ってしまう。思わずラストは涙がこぼれてしまいました。

この原作は7部作品。第4章「銀のいす」では今回登場したユースチスが、行方不明のカスピアン王の息子、リリアン王子を探しに出る冒険話。カスピアン王の晩年を描いた作品という事で、2章、3章とイケメン王子として登場したベン・バーンズが、老けメイクで登場か?なんて事もちょっと気になる。また2年後かな?やってくれるよね?ぜひ7章まで続けていただきたい。


映画鑑賞 評価 85点

今日の一言:ナルニア国へ行ってみたい・・・


いつも応援ありがとう ♥ o(*^▽^*)o


       


[PR]
by Firstsnows | 2011-02-26 16:44 | 映画レビュー2011
<< オニオンチーズ食パン MUJI Café Cooki... >>