ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『ソーシャル・ネットワーク』

f0114146_2211599.jpg




2011年、2本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。





監督:デビッド・フィンチャー
キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョセフ・マッゼロ、ルーニー・マーラ、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ
公開日:2011年01月15日
公式サイト:http://www.socialnetwork-movie.jp/


【感想】 (ネタバレ要注意!)
うん!私も「THE」は取った方がいいと思った。(笑)(フェイスブックは創立当初「THE  FACEBOOK」と言う名だった)

すっきり結論を求めるような作品と違い、フェイスブックの創設者のマーク・ザッカーバーグが、どうやって「フェイスブック」を立ち上げたのか、成功させたのかを、アイデアを盗んだと訴えたウィクルヴォス兄弟、マークの親友でフェイスブック創業時のパートナー、エドゥアルドが起こした訴訟を通して、過去へフラッシュバックしながらストーリーが進んでいます。

それにしても、マークはやっぱり天才だと思う。エリカ(元カノ)にふられた腹いせで、自分のブログでエリカを中傷し、挙句に大学寮のネットサーバーにハッキングし、女子生徒の容姿を比較するサイトを、ものの数時間で作り上げてしまうというから、ITなんてチンプンカンプンと言う人でも、彼がいかに天才かという事がわかるはず。そして「THE FACEBOOK」をあっという間に作り上げてしまう。 ただ、やっていることとは裏腹に、時折感じるマークの子供っぽさに、天才とは違うもうひとつの彼の顔を垣間見たような気がします。

印象的だったのは、地位も名誉もお金も手に入れたマークが、かつての恋人エリカに「友達申請」をするところ。すべてを手に入れた彼が失ったものは大きい。天才と言われ、史上最年少の億万長者と呼ばれるようになった彼が今、本当に欲しいものとはなんだろう。そしてあれほど傷つけられたにも関わらず、創立者マークのフェイスブックに登録するエリカ。気持ちが理解できないけど、それほどフェイスブックはポピュラーであるという証なのか。

この映画の評価は、分かれるところですね。フェイスブックを利用している人、興味を持っている人には高得点。そうでない人たちにすれば評価は低いはず。作品自体もテンポがいいというよりは、かなりのスピードで進んでいくので、ある程度の知識なしで観るのは大変かもしれない。そして日本ではまだ欧米に比べ登録者が数が桁違いという事を考えても、欧米のような評価がはたして日本でも得られるのかも疑問。

個人的な話になりますが、私はマークには大感謝だ。ふられたからと言って、元カノを中傷したり、女の子を比較するようなサイトを作ってしまう彼には、少々お仕置きを据えてあげたいが、私はフェイスブックのお蔭で、まったく予期せぬ2011年のスターを切れた。

ワタクシ個人としては、大満足の作品でした。
ただ、観たいと思ている人は、FACEBOOKについての基礎知識だけは得てから観るべし!

映画鑑賞 評価 80点

今日の一言:Thank you FACEBOOK!



いつも応援ありがとう♥ 

       


[PR]
by Firstsnows | 2011-01-19 22:18 | 映画レビュー2011
<< 映画『僕と妻の1778の物語』 staub Cooking ... >>