ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『アンストッパブル』

f0114146_895695.jpg




2011年、1本目の鑑賞作品です。



【あらすじ】
操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)は、この日初めてコンビを組んだウィル(クリス・パイン)と共に、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう。
<シネマトゥデイ>




監督:トニー・スコット
キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン
公開日:2011年01月07日
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/unstoppable/


【感想】 (ネタバレ要注意!)
面白かったです。無駄がない。テンポがいい。迫力あり。2時間弱の、最近にしては短めの上映時間でしたが、このくらいにぎゅっとまとめたのもポイントが高い。観る側の気持ちを途中で飽きさせることなく、最後まで一気にストーリーが進んでいきました。

ストーリーは、アメリカのこの手の映画によくありがちな、ベタなストーリーです。結末は、絶対にハッピーエンド。主人公二人は、なんとなく馬が合わない。そしてお互いに家族との問題を抱えている。この二人が偶然にも出くわしてしまう暴走貨物列車を、協力して止める。そのあとは、疎遠になっていた娘や、離婚も秒読み?のような妻子と抱き合って喜ぶ。めでたし、めでたし。

こんな展開は誰もが想像できること。でも、結果はわかっていても、そこに至るまでの映像の迫力は、ドキドキもの。この中間地点を楽しむために観ていると言っても過言ではないはず。

でも、この作品は実話をもとにした作品と言うから驚き。エンドロールで、主人公ふたりのその後が字幕で流れます。


映画鑑賞 評価 80点

今日の一言:今年は30本目標に、1/3はハリウッド映画を観たい。




       


[PR]
by Firstsnows | 2011-01-11 08:16 | 映画レビュー2011
<< staub Cooking N... staub Cooking ... >>