ブログトップ

Elegance Style

firstsnows.exblog.jp

映画『食べて、祈って、恋をして』

f0114146_23251567.jpg




2010年、36本目の鑑賞作品です。


【あらすじ】
ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、すべてを捨てて自らを探す旅に出る。イタリアでは食の快楽を追求し、インドのアシュラムでは精神力を高めるべくヨガと瞑想(めいそう)に励む。そして、最後に訪れたインドネシアのバリ島では、彼女の人生を大きく変える出会いが待っていた。<シネマトゥデイ>




監督: : ライアン・マーフィー
キャスト:ジュリア・ロバーツ 、ハビエル・バルデム 、リチャード・ジェンキンス 、ジェームズ・フランコ 、ビリー・クラダップ
公開日:2010年9月17日
公式サイト:http://eat-pray-love.jp/


【感想】( ネタバレ要注意!)
凄く期待していたんですけどね。
ローマ、インド、バリ、聞いただけでもロマンチックじゃありませんか♪ でも、期待外れの映画でした。エリザベスがインドで瞑想に明け暮れる間、私もシネコンのシートで瞑想にふけっていましたよ。爆睡!(笑)途中で席を立つ人もいたし、最近はエンドロールが終わるまで席を立たないのが当たり前なのに、エンドロールが始まる前に帰る人も沢山いました。

ジュリアロバーツは綺麗だし、可愛いし、訪れる国々も美しい。
それだけに中身の薄っぺらいストーリーが、とっても残念です。
そのうえ、やけに上映時間が長い。長すぎ。

結婚して何不自由のない生活を捨て、舞台役者の年下の男性とすぐに同居、でもやっぱりダメ。そんな自分を解き放つべく、1年の旅に出る・・・という発想が、どうも理解できない。もちろん、自分探しの旅に出ることは悪いことではないし、そんな時間も必要な時があると思いますが、こういう女性は、常に自分に満足することはなく、一生が自分探しの旅になるんだろうなと思います。
バリで出会った男性も、どこまでもつことやら・・・と、突込みを入れたくなりました。余計なお世話ですが。(笑)

全体的に、盛り上がりもない分、盛り下がりもないです。(笑)
美しい国々と、美味しい料理などを楽しみ、ジュリアのファッションや美しさを楽しんで観れば、それなりの価値があるかもしれません。評価的には60点でも良さそうですが、イタリアの風景と美味しそうなパスタやピッツァに+5点という事で。


映画鑑賞評価 65点 

*Twitterやってます。閲覧、followお気軽にどうぞ♪ http://twitter.com/#!/firstsnows


* 本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ランキングに参加しております。応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援ありがとうございます  m( __ __ )m

       


[PR]
by Firstsnows | 2010-09-17 21:59 | 映画レビュー2010
<< 映画『THE LAST MES... 映画『悪人』 >>